エラストマーのゴム

エラストマーとは何か

エラストマーとは工業用材料の一種で、一般にはゴムと呼ばれています。ただしゴムは原料の状態では伸びたり縮んだりというお馴染みの特性を持っていません。これを加工して弾力性を加え、さまざまな用途に使えるようにしたものをエラストマーといいます。ちなみにエラストマーはエラスティック(弾力のある)とポリマー(重合体)という2つの言葉からなる造語です。 エラストマーは成形・加工が容易なうえ素材によっていろいろな特色を発揮します。素材別に分類するとポリウレタン系・スチレン系・ポリエステル系・オレフィン系などに分けられます。それぞれの製品特性にしたがって、自動車部品・機械部品・日用雑貨・包装資材などに幅広く利用されています。

注目は熱可塑性タイプ

エラストマーはその特徴から見て大きく2種類に分けることができます。1つは熱硬化性と呼ばれるもので、熱を加えると固まるため、耐熱性が高いのが特徴です。通称「ゴム」と呼ばれるのはこのタイプです。 もう1つは熱可塑性と呼ばれるもので、こちらは逆に熱を加えると軟化します。そして現在注目されているのが、この熱可塑性エラストマーです。 熱可塑性エラストマーには、熱硬化性タイプに比べると配合剤が少なくて済むという特徴があります。そのため使用される製品自体の軽量化を実現することができます。また、熱を加えることで何度でも成形し直すことができるため、リサイクルが容易です。さらに着色も容易なので、製品のバリエーションを豊富化することができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加