プリント基板の基本

今後についての考察

プリント基板という言葉の意味する所は「薄い板型の基盤」という意味があります。 つまり、例えれば1つの何かしらの家電があるとします。 この家電の中の様々な電気系統の部品などをプリント基板に一括化する事で、家電の小型化に成功していく訳です。 現代で言えば、スマートフォンなどが分かりやすい例です。 そして今後も、プリント基板は小型化という意味での集約化を成立していく可能性が高く、それは腕時計などに新たな複合技術が組み込まれている製品などが最近では出てきた事例などが、分かりやすい一例となっており、今後の未来図を想像させます。

小型化での問題点

ただ、プリント基板には必ずしもメリットばかりがあるという訳ではありません。 スマートフォンの一例を示しましたが、そのスマートフォンはと言うと、意外な事に人の握力だけで簡単にぐにゃりと曲がってしまったり、液晶画面が一度床に落としたりするだけで簡単にヒビ割れたり、壊れたりする「外傷的脆弱性」の荒が目立つ問題点が指摘されてきました。 そしてそれは他の小型化と集約性を成り立たせていく様な、新しい小型製品もまた同じであり、基盤という芯が壊れやすくなっていく小型化というデメリットが、どの様な結果を残していくかは大きな問題点でもあると言えます。 その為、現代ではこの小型化と頑強さを兼ね備えた開発が重要視されてり、プリント基板もそれに応じた柔軟性と頑丈さを求められていっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加